日常の出来事を語ると思いきや百合な話が満載な日記です。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

【沙都子の日】

2009-03-17 Tue 14:14



遅くなりましたが沙都子の日お祝い?ssです。

あぁ、二日も遅れてしまった……><。
アンケートは今日の夜に作ります。
ご協力の方よろしくお願いします♪

拍手お返事も夜にしますね!






「沙都子、おめでとうなのです~」

「いきなりどういたしましたの梨花ぁ?」


洗濯した服を綺麗に畳んでいるとき、いきなり梨花が背後からやってきたかと思えばこの一言であった。
おめでとうと言われても全く見当のつかない沙都子は首を傾げて梨花の言葉を待つ。


「今日は、大事な日なのです」

「ですから梨花、何なんですの?」

「みぃ、わからないのですか?沙都子」

「えぇ、全然全く見当もつきませんわ。勿体ぶらずに教えてくださいまし?」


前のめりになってこちらを見てくる梨花のお陰で、たたんでいた洗濯物が崩れてまたやり直しになってしまった。
それを見た梨花は苦笑いを浮かべて、洗濯物をたたむのを手伝いはじめる。


「今日は、沙都子の日なのです」

「……私の?私の誕生日は既に終えていましてよ、梨花。この間祝っていただきましたし」

「みぃ、沙都子は鈍感なのです。今日は3月15日なのですよ?」

「だから……」


意味がわからない、と言おうとしたが、梨花の言った日にちを真剣に考えてみる。


さんがつじゅうごにち。
3月15日。
さん、じゅう、ご。
315。

(…あら?)


数字の呼び方を少し変えてみる。


「……えぇと」


「わかりましたか?今日は沙都子の日なのです」


「まぁ…そう呼べなくもない、ですわね」


気付けば梨花が沙都子の目の前にいて、何故かじりじりと迫ってきている。
嫌な予感を感じて後ろに下がろうとするが、座っているせいかなかなか上手く下がれない。

「り、りかぁ?近づいてきたりしてどうしましたの?」

「今日は、沙都子が喜ぶことをするのです」


にぱ~と笑うその顔は、いつものような可愛らしさは感じずどこか黒い笑みに見えた。
身体の上に梨花が乗っかってきた。


「よ、よ、喜ぶって、これは梨花が喜ぶことではありませんの~?!」

「そうとも言うのです、にぱ~」

「梨花!じょ、冗談はよしてくださいまし」

「冗談なんかじゃないわ、沙都子。ようやく貴女を愛せる日がきただなんて……ね」

「ちょ、梨、……っ!」


がぶがぶがぶがぶ。


「ここからはご想像にお任せしますなのですよ!あぅあぅ!」


END





スポンサーサイト
別窓 | ss | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<【エイプリル・フール作戦?】 | 白昼夢の出来事 | 【ひな祭り】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 白昼夢の出来事 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。